Patent Lawyers in New York & New Jersey

US Patent filings - Japanese

(Translated by Google Translate)

United States Patent Attorney - PCT to US filings

法律事務所の マイケルJ.フェイギン、法律事務所 。 などの提供する高品質な知的財産(IP)サービスを、外国のクライアント効果的なコストと 米国特許 、 米国商標 であり、米国著作権。 我々は現在、 リエゾン 世界中している企業。


私たちの目標
(1)電子出願の出願後すぐに米国出願番号の配信など、短期間で我々の外国人クライアントの広範かつ強力な米国の知的財産権を入手してください。
(2)米国および世界市場における我々のクライアントの成功をサポートするための我々の外国人顧客との密接な関係を提供する。
(3)合理的なレベルに当社のサービスの手数料および費用を維持するために。
 

IPアドレスリーガルサービスエリア
私たちのサービスは、国際的な仲間のために提供次のカテゴリに分類:
(1)特許審査およびライセンス
- 米国へのPCT出願の国内段階の出願のエントリ
- パリ条約に基づく優先権を主張するアプリケーション
- 翻訳
(2)商標の検察とライセンス
(3)デザインの特許審査およびライセンス
(4)著作権検察とライセンス

専門分野
当社の知的財産法の経験がカバー 、さまざまな技術を 含まれています。このような技術分野は:
(1)コンピュータソフトウェア
(2)コンピュータハードウェア
(3)ビジネスメソッド
(4)電気電子技術
(5)機械技術
(6)化学&材料工学
(7)コンシューマ機器

米国における特許出願
米国は、出願まで発明の第一の一般公開から1年間の猶予期間をすることができます。 米国外の発生書面による情報開示これは、米国のあらゆる種類の最初の情報公開に基づいていますが、上でのみ。 パリ条約を活用するには、優先日から一年以内に米国特許商標庁(USPTO)に申請をする必要があります。 仕様は、英語以外の言語で提出することができます、米国特許商標庁は、課徴金をお支払いいただきますと英語の翻訳は、その後に提出しなければならない。

あなたがPCTルート経由で米国に適用する場合は、優先日から30ヶ月以内に米国特許商標庁に申請する必要があります。

外国人の優先順位に基づいて米国特許出願を提出するために私たちの一般的な定額料金(すべての支出を含む)、米国に675ドルです。 米国政府の手数料が最大20特許請求の範囲および最大3つの独立クレーム譲受人が500未満の従業員を持っている場合、アプリケーションのための462ドルです。 当社の全額のスケジュールは、要求に応じて入手可能です。

お問い合わせ先
電話番号 :ニューヨーク:+011-212-316-0381 /ニュージャージー:+011-973-685-5280


すべての通信のためのアドレス:
103サークル
パセイク、ニュージャージー州07055
アメリカ合衆国

ファックス: +011-973-767-1292
Eメールは: フォームお問い合わせください使用して我々 。

スカイプ:PatentLawNY.com

transparent gif
transparent gif